info@kyoto-sugihara.com
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

広島県への引越し

2018年04月14日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

広島県への引越し依頼は今年の1月に入ってきました。3月後半に京都の大学を卒業する息子の引越しをお願いしたいと広島県に住むお母様からでした。
1月はまだ3月引越しシーズンの予約は受けてなかったのですがなぜか杉原運送のHPを気に入って下さっているお母様と電話でやり取りしていてお受けすることにした次第です。

見積りに行って報告

京都市北区の大学に通う学生さんでテニス部のコートがわが家近くにあるということからお母様が是非お願いしたいということだったので概ね荷物確認はお母様から聞いていたのですが実際と異なる場合も多いので荷物確認へ伺いました。学生さん本人から机や金属棚は自分で解体しておくと確認、お母様からベッドの処分も頼まれていたのですがその他家電製品や壊れてるテレビの処分も頼まれたのでリサイクル家電のリサイクル料なども含めて後日お母様に連絡、見積もり金額を提示してご了承頂き3月19日に引越しを行うことで成約しました。

処分品が増えても大丈夫

引越し当日スタッフとともにお部屋へ伺うと処分してもらいたいものが増えたと言われ快くお受けしました。
別のバイトスタッフに当店の軽バンできてもらっていたのでベッドマットやトレーニング機材を解体したものや家電類を軽バンに積込んでわが家へ持って帰ってもらいました。
処分品が増えた分引越し荷物は減っていたのとご本人含め男性4名で行えたので積込みは3階から階段作業でしたが1時間足らずで出発できました。

新名神開通の翌日

新名神が神戸ジャンクションまで前日の3/18に開通していたので渋滞する中国道を通ることなくスムーズに広島県へ。

新しく出来た宝塚北SAには車と人が溢れていてトイレだけ済ませてさっさと広島へ向かいました。

軽トラしか通れない道

お母様から自宅に通じる道が途中狭く軽自動車しか通れないと聞いていた事を思い出して向かっていると確かに軽トラでもギリギリの狭い箇所があってちょっと苦労しましたが無事にご自宅へ到着しました。
荷物は自宅内と外のガレージに振り分けて搬入、終わるとちょうどご本人が京都から帰宅されました。

About the Author

京都で赤帽を開業して26年間、沢山のお客様にご愛顧頂き時にはご指導も頂き赤帽として育てて頂きましたこと深く感謝しています。 2017年の春に赤帽京都府軽自動車運送協同組合を脱退して心機一転美術輸送と引越し京都の杉原運送として再出発しました。 今後ともご指導ご鞭撻を頂戴しながらもご愛顧賜ります様、宜しくお願い致します。

コメントはまだありません