info@kyoto-sugihara.com
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

お引越しは4階続き

2017年09月29日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

8月31日に神戸市須磨区からの引越しは階段で4階の部屋まで。そして昨日の引越しは4階から階段で下ろす作業と4階への引越し、4階からの引越しと4階が続きました。
須磨区へ1人で行って京都市左京区のマンションで2名が合流、お客様のお手伝いもあって4名での作業でしたが残暑厳しく作業途中で休憩も取り入れました。

昨日の引越しはスタッフ2名で伺うとご本人とお母さんもおられたので楽観していたのですが荷物の片付けもされていたので結局2人でほとんどの荷物を降ろして積込み作業、最後の方で少しお手伝い頂きましたが辛い作業でした。
そして2件の引越しで共通したのは申告してもらった物量をはるかに超える物量、本当なら見積に伺って荷物の確認をするのですが前者は神戸市須磨区、見積に須磨区まではとても行けません。
後者は以前ベッドを運んだマンションのオーナーさんからのご依頼でその方が間に入られて前日にあった電話でも申告した荷物量から少し増える程度だと伺ってたのが申告荷物の倍以上の増え方、これには参りました。

積込みが終って出発する時にお母様から家電以外は自宅へ運んでほしいとこれまた初耳。2ヶ所降ろしだと引越し運賃も変わりますと説明すると安くしてもらってて荷物も言ってたよはるかに多いので普通通りに請求して下さいと言ってもらって快くお母様の指示通り大方の荷物は山科区のご自宅へ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジだけ新居のマンションへ運び入れました。

マンションへ到着するとマンションのオーナーが待っていてくれ荷物量が大幅の違ったのとお客様のご自宅へ先に行ってほとんどの荷物を降ろすことも出発前に始めて聞いたことなどを話しました。
お客様に直接荷物の量などを確認したいので電話してもらって下さいと行っていたのにオーナーが荷物を確認したら変わりないと電話してしてきたのにあまりの違いさに参りましたと話しました。

4階、階段利用はスタッフ2名でもキツイ作業です。

About the Author

京都で赤帽を開業して26年間、沢山のお客様にご愛顧頂き時にはご指導も頂き赤帽として育てて頂きましたこと深く感謝しています。 今年の春に赤帽京都の組合を脱退して心機一転美術輸送と引越し京都の杉原運送として再出発しました。 今後ともご指導ご鞭撻を頂戴しながらもご愛顧賜ります様、宜しくお願い致します。

コメントはまだありません