info@kyoto-sugihara.com
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

ロームシアター京都へ

2017年07月13日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

昨年新しく生まれ変わったロームシアター京都(旧・京都会館)
記念事業として京都岡崎音楽祭2017「OKAZAKI LOOPS」というのがロームシアター京都だけでなく近くの岡崎公園一帯で行われました。
当店へのご依頼はロンドン在住の作家さんのスピーカーを使った作品を運んでほしいということで作品は静岡県静岡市葵区のNPO法人の倉庫にあるということでした。
静岡県の赤帽さんに頼んだらとお話すると静岡県の赤帽さんは美術品はお断り、静岡県の赤帽の組合へ電話しても同様の答え、なら京都でと思いサイトを見ていると美術品の輸送に慣れていて自分の出身大学、京都市立芸術大学にも度々行かれているというのがわかったので安心できると思って電話しましたということでした。

ご依頼主へは作家さんの展示企画や演出を任されているということで静岡市の倉庫にある作品は知っているもののNPO法人の方とは面識もないということでメールで作品の写真などを確認して軽トラック荷台のサイズを知らせて運ぶ作品を数点ピックアップしてこれだけ運んでほしいというご依頼でした。
静岡市葵区のNPO法人で積込んで京都へ帰ってくるとロームシアターでの展示作業が間に合わないということで搬入前日に静岡県へ行って作品を積込んで翌日の朝にロームシアター京都へ搬入した次第です。

搬入の時はご依頼主と時間が合わず別の作家さんの担当者が手伝ってくれロームシアターのエントランスホールへ無事に運び入れました。
搬出日に時間があったので作品を片付けておられる最中に展示してある場所へ行くと梱包始めたところなので2時間くらいかかるということだったので搬出時間を決めてあとで来ますと行ってその場を後にしました。

About the Author

京都で赤帽を開業して26年間、沢山のお客様にご愛顧頂き時にはご指導も頂き赤帽として育てて頂きましたこと深く感謝しています。 今年の春に赤帽京都の組合を脱退して心機一転美術輸送と引越し京都の杉原運送として再出発しました。 今後ともご指導ご鞭撻を頂戴しながらもご愛顧賜ります様、宜しくお願い致します。

コメントはまだありません